目に見えない権利

新しい商品を作ってこれから商売をしようと思われている方!商標登録の事ならことならコチラにご相談下さい!プロがきっちりと相談にのります!
特許申請の相談はこちらにしましょう。あなたのアイデアがもしかするとすごい発明かもしれませんよ!ここなら安心しておまかせできます。
法律のトラブルは岡山で腕のある弁護士に相談していち早く解決しましょう。気軽に相談してみてください!
信じていたひとに裏切られた!どうにかしてお金を取り戻したい!そんな方は詐欺を弁護士に相談してください、自分では解決出来ないこともプロに任せればきっと解決してくれるはずです。

財産というものには、いろんな種類があります。お金とか株券とか、骨董品とか、いわゆる目に見えて手に触れることが出来るものがひとつ。
もうひとつは目に見えないものもあります。「権利」もそのひとつ。僕たちが何かを所有すること。「これは僕の物だ」ということをハッキリとさせること。
たとえば、知的財産にも権利というものは大いに関わってきます。知的財産というのは、著作権とか商標登録とか、あるいは特許とか、そういうものを指しています。

これらは法律で守られるべきものですけど、特に特許事務所というところで、そのためのさまざまな業務が行われています。
特許事務所では、「世界で初めてこのことを発見した」とか、「この製品を開発した」というひとが取得する特許と、その権利の保持を守る、ということを主な業務にしています。
……という書き方をするとちょっと固苦しいですが、発明の権利を誰彼と争った、みたいな話はよく聞くことではないでしょうか?
名を残す発明王と呼ばれる人たちも、権利があっちへ行ったりこっちへ行ったりで、実に混沌とした歴史を描いてもいるのです。

特許事務所が手がけている業務は、上を見ても分かるように、法律的なトラブルに関わりやすいものでもあります。
こんな事情から、多くの特許事務所が弁護士事務所と兼業で、事務所を開いています。
弁護士たちは法律の専門家として、特許などに関わる業務に携わっていくと同時に、弁護士特有の業務――たとえば訴訟などに関しては主導で進めていくことにもなります。

というわけで、特許事務所・弁護士事務所の仕事を見てみましょう。